<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

プログラム その5 不参加公演海外版 「あぁ 行きたかった!!」

f0148890_22471333.jpg
f0148890_22473146.jpg
f0148890_22474435.jpg
f0148890_22475739.jpg
f0148890_22481129.jpg
f0148890_22482669.jpg

[PR]

by slowhand-hiro | 2007-09-30 22:49 | My Collection  

プログラム その4 不参加公演

f0148890_22441924.jpg
f0148890_22445174.jpg
f0148890_2245533.jpg
f0148890_22452125.jpg
f0148890_22453567.jpg
f0148890_22455079.jpg


木器さん、上記公演参戦秘話をお願い致します。
[PR]

by slowhand-hiro | 2007-09-30 22:46 | My Collection  

プログラム その3

f0148890_222172.jpg


’03年は日本のみの限定ツアー。愛知県体、そして憧れの武道館へ二回行きました。
東京ではこれまた憧れだったキャピタル東急でお泊り!
ビートルズが記者会見をした紅真珠の間も覗かせて頂きました。
ロビーにはその時の写真やらビリー・ジョエル、ジョージ、クラプトンの写真とサインもありましたよ。
原宿のとんかつ屋さんへも行きました。僕とクラプトンの写真を見せたら、店長さんもツーショットの写真を見せて頂けました。
武道館へ行く道沿いの違法お土産屋さんを覗いていたら隣にデッカイ黒人が!良く見たらネーザンじゃないですか!てきやさんと仲良しらしく、お客さんにサインを書いてましたよ。(勿論、僕も書いて頂きました。)
楽曲は往年のヒット曲のオンパレード!特に「Holly Mother」には泣けました!!
ネーザンが唄う「Presence…」も良かった! 

f0148890_22331622.jpg


’06年はRAH3回、日本公演は大阪2日目とレインボウ二回で打ち止め。
この年はトリプルギターでドミノストリビュート。尚且つ、日替わりセットリストで後半戦の武道館へ参戦しなかった事が今でも悔やまれます…。
それにしてもRAHと日本ではセットリストが全然違ってた!ニューアルバムからのセットが全て消えるなんてありえない!!
「スペード」とアンコールの「Crossroads」カッコよかったね!
「恋悲」と「Little Wing」が聴きたかったナァ!!
[PR]

by slowhand-hiro | 2007-09-30 22:45 | My Collection  

プログラム その2

f0148890_1971411.jpg

’93年 レインボウホール
この年の公演はアンプラグドブームの中、ロバート・ジョンソンのアコギナンバーがオープニングから続き…。(当時あまりロバジョンの楽曲を知らなかった私は目がテン)
アンプラグドで弾いていたプリウォーの000-42ビンテージを惜しげもなくツアーに持ち出す大胆な神様!
後半、クライベビー炸裂の「White Room」は圧巻!
そしてジミの「Stone Free」! クラプトンのフィードバックソロはこれまた圧巻!!

f0148890_19262061.jpg
 

’95年の「Nothing But The Blues」ツアーは名古屋飛ばしで涙を呑み、’97年レインボウホール
この年はなんとゴールドリーフストラトをぶら下げて登場!
発売前の「ピルグリム」からのナンバーを演奏。「Old Love」のソロが強烈だった。

f0148890_19342822.jpg


’99年 県体育館
冠スポンサーがVWとなり、招待客との差別感が否めない…。
サイケペイントのビートルのドアにはサインが!この車、いやドアが欲しい!!
NHK-BSで横浜アリーナのLiveが放送されましたよね。

f0148890_19394100.jpg


’01年 「最後のワールドツアー」とほらを吹いたツアーの初演、2日目、3日目をイギリスで観覧し、最終地日本では大阪初日、名古屋、そして最終横浜アリーナと合計6公演観た思い出の年です。
クラッシュ作のレインボウストラト、日本では2号器が登場。神のセンスはどうなってしまったのか疑いたくなるような…。
アンコールでの「Over The Rainbow」は素晴らしかった!!
[PR]

by slowhand-hiro | 2007-09-30 19:53 | My Collection  

コンサートプログラム その1

f0148890_20324586.jpg


生クラプトンの初体験は’79年!19歳の頃でした。
中学生の頃から憧れ続けていた神が目の前に居るだけで涙モノ!!
会場は明治時代の建造物の様なあの狭っ苦しい名古屋市公会堂。
隠し撮りの音源と「Just One Night」のアドリブの違いにビックリした記憶が今でも鮮明に焼きついております。
(隠し撮りの画像はいつかお見せしたいと思います。)

f0148890_20391667.jpg


2度目の体験は’88年、マーク・ノップラ-とエルトン・ジョンを従えてのデビュー25周年記念来日公演。レインボウホール。
(これ以降、木器さんとずっとご一緒させて頂いておりますね!)
この年の記憶はライブも良かったのですが、レインボウホール近くの喫茶店で初対面の木器さんと意気投合、メチャ話し込んだ想い出があります。

f0148890_2049136.jpg


’90年 レインボウホール
翌年の「24Nights」を髣髴とさせるベルサーチに身を包んだカッコ(・∀・)イイクラプトン!!

f0148890_20514325.jpg


’91年は忘れられないジョージとの来日。名古屋市国際展示場。
ロイ・ブキャナンブルースマスターNo.6を抱えたジョージのカッコよさとサポートに徹したクラプトンの奥ゆかしさ!
あぁ、ハレ・クリシュナ 合掌 
[PR]

by slowhand-hiro | 2007-09-29 20:58 | My Collection  

ジョ~ン!!

f0148890_21381643.jpg
f0148890_21294314.jpg


今夜はこれまた大好きなジョン・レノン氏生前最後のアルバム「ダブル・ファンタジー」です。
木器さんのブログで「薄氷を歩く」が紹介されておりましたが、この楽曲はこのアルバムからのシングルカットだと思っておりましたが、間違いを指摘され、調べてみるとレコードにはありませんが、リマスターCDにボーナストラックとして収録されていたのです。
そして「ミルク&ハニー」
f0148890_2135828.jpg

「グロウ オールド ウィズ ミー」等、涙無くては聴けない名盤です。
[PR]

by slowhand-hiro | 2007-09-22 21:41 | My Collection  

遅手

f0148890_22335663.jpg


久しぶりに「Slowhand」を聴きました!
このアルバムの内ジャケットにある手書きの文字はクラプトンのものです。
(この特徴的な書き方は英国人特有のものです。)
ブっつぶれたフェラーリはクラプトンの事故車です。
デブ猫は飼っているのかな?犬好きな事は知ってるけど…。
兎に角、神はかなりのオタクです!!
[PR]

by slowhand-hiro | 2007-09-21 22:41 | Eric Clapton  

f0148890_2159522.jpg


今夜は「Wish You Were Here」邦題 「炎」を紹介します。
このアルバムはFloydの作品の中ではイマイチ評価の低かったモノですが、僕は大好きです。それはアコギが多用されていることと、ギルモアのギターが全面的にフューチャーされているからです。
詩はシド・バレットに捧げたラブレターみたいな感じですが、叙情的なサウンドと相まって最高です!
そういえば「TUNAMIコンサート」ではロジャー・ウォータースとクラプトンが「Wish You Were Here」邦題「あなたがここにいて欲しい」を二人だけで演ってましたね!!
僕は高校時代からオーディオに嵌っていまして、JBL4333AWXを上杉の真空管アンプで鳴らしております。
因みに離れの遊び部屋は爆音オッケーなので大音量で聞いています。
最近、昔買ったアナログレコードを聴き直しておりますが、ホント良い音です!
[PR]

by slowhand-hiro | 2007-09-21 22:19 | My Collection  

Pink Floyd

f0148890_2151346.jpg

久しぶりにPink Floydの「WALL」を聴きました。
このアルバムはFloydの最高傑作だと思います。(他のアルバムも甲乙つけ難いのですが…。)
このアルバムに思い入れが深いのは何と言っても
f0148890_21551713.jpg

この映画です。
資料を整理していたら
f0148890_21563518.jpg
f0148890_21565049.jpg

チラシが出てきました。
当時この映画は名古屋駅の駅前シネマでほんの数日上映され、見に行ったらメチャ狭い映画館で数えるほどのお客さんしかいなかったのを思い出します。
ベルリンのライブ映像も豪華キャストで凄かったです。因みにクラプトンバンドにいたアンディフェアウェァザロウもいましたね!
ギルモアのギターは何度聴いても素晴らしい!!
「ヒッチハイクの賛否両論」のクラプトンと聴き比べるのも面白いです。

今となってはライブを観る事が出来なかったことがとても残念です。
[PR]

by slowhand-hiro | 2007-09-15 22:06 | My Collection